カテゴリ:沖縄県( 13 )

沖縄最後の散歩~金城町石畳道

沖縄の旅の締めくくりは、首里城公園の裏手にある「金城町石畳道」というものすごい急坂地を巡りました。
坂を上り詰めた後、更に坂道を登っている途中、
またまたニャンコを見つけたのです。
b0017899_21423646.jpg
子ネコです。
b0017899_21465974.jpg
ものすごい警戒態勢。
飼いネコかどうかわかりませんが、こんな坂道地帯で、
さぞかし足腰も鍛えられているでしょう。
b0017899_2148651.jpg
ドアップにて。
もう一足、と思って一歩近づいたら、近くの車の下へさーっと逃げられました。
b0017899_2149281.jpg

車の下を除いたら、子ネコではなく、親ネコでしょうか、大きいのが鎮座していました。
沖縄ネコの見納めなのでした。
[PR]

by sk_gtr | 2012-01-17 21:50 | 沖縄県

玉陵ネコ2

沖縄の世界遺産を代表する遺跡、玉陵観光中、
とても人懐こいネコを見つけました。
b0017899_21245355.jpg
玉陵から沖縄市街を見下ろせる見晴らしの良い展望台の所にいて、観光客に撫でられていました。
b0017899_21264173.jpg
ご覧のように、写真を撮る物好きも(自分もぢゃ(^^;)。
b0017899_21281310.jpg
おっさんに背中を撫でられて、気持ちよさそうです。
b0017899_21284894.jpg
素顔です。かわいいですよね。
おっさんたちも撫でてばかりでなかなか場所を移動しようとしません。
b0017899_21294782.jpg
ようやく皆さんずらかりました。
よって、私の独り占めです。
しばらく観光そっち抜けで撫で回しました。
b0017899_22102930.jpg
しばらくしてこの場を去ったのですが、回っているうちに又発見。
実はこの写真、別のキジ君と混同して先日載せたのですが、
よく似ていて間違いましたが、こちらのネコでした。
b0017899_2211727.jpg
アップ。
呼んだら又近寄りそうでした。
名残惜しかったです。
[PR]

by sk_gtr | 2012-01-12 21:30 | 沖縄県

沖縄続き

11月の沖縄、続きです。
旅の最終日は、首里城公園中心に那覇を回ったのですが、
7月に旅した際、時間切れで回れなかった、世界遺産の一つでもあり、
最も妖気(^^;漂うスポット、玉陵(たま・うどうん)をじっくり回ってみました。
琉球王国の歴代の王様が眠るというところなのです。

かくも由緒正しい所ですから、ネコを探すなんてとんでもない。

などといいつつ、習い性でキョロキョロ散策したのですが、
園内に入ってまもなく、ネコを見つけました。
b0017899_22112071.jpg
近寄ろうとしたら、急に何かにジャレだしました。
で又ピタッと止まって私を凝視。
b0017899_22115290.jpg

今だと近寄ろうとしたら、またまたジャレモード。
b0017899_2213183.jpg

b0017899_22131259.jpg

b0017899_2213746.jpg

b0017899_22132959.jpg
つかまえた!
はずですが、遠くて何をつかまえたのか、よくわかりません。
いずれにしても、無邪気なしぐさがかわいくてたまらない、玉稜ネコなのでありました。
[PR]

by sk_gtr | 2011-12-29 22:15 | 沖縄県

沖縄旅行最後日ネコ達

沖縄旅行の最終日、首里城公園周辺を散策していたら、
遠くにクロの影が。クロの影ってどちらもクロですけど(^^;
b0017899_10531836.jpg
もう、沖縄ニャンも見納めだなあという感慨と共に呼んでみました。
b0017899_10534935.jpg
すると、ノシノシと私に接近。人懐こい系です。
b0017899_1055403.jpg
ところが2メートル位の所で立ち止まり、
緑の葉に覆われた塀の向こうに去っていきました。
よそ者とわかったのかな。
[PR]

by sk_gtr | 2011-12-17 10:56 | 沖縄県

国際通りにて

23日から昨日まで、沖縄旅行して来ました。

言い訳がましいですが、石巻と田代島でボランティアを
したかったのですが、問い合わせをしたら
「5人以上の団体でないと受付していない」とのこと。
他の地区を探せば受付して貰えたかもしれなかったのですが、
やるならやはり愛着のある石巻と田代島と意気込んでいました。
ボランティア精神が足らん!と叱られそうですが、
それは又の機会にして、沖縄旅行ということになりました。

で、沖縄の夜はやはり国際通り。
コックさんの曲芸が楽しい「サムズアンカーイン」でステーキを
味わった後、約3キロ離れたホテルまで腹ごなしで歩き出したら
居酒屋さんの前でトラを発見!
b0017899_216246.jpg
歩く人を気にもせず、テクテクと歩いています。
さっとカメラを向け撮影開始。
呼んだら警戒どころかこちらに向かってきました。
飼いネコなのか、やたら人懐こいです。
b0017899_217474.jpg
人懐こいネコの困るところは、
じっくり写真を取らせてくれないところ。
私の股の間に入り込んだり、周りをウロウロ。
b0017899_21839100.jpg
やっとのことでカメラ目線になってくれたのがこれ。
ご褒美に顎の下を撫でてやりました。
[PR]

by sk_gtr | 2011-11-27 21:09 | 沖縄県

那覇ネコ

石垣島から羽田に戻る際、乗り継ぎで那覇を経由したのですが、
ちょっと時間があったので、那覇を散策してみました。
見つけたのはキジ系のネコ2匹。
b0017899_6522751.jpg

坂道を降りていて見つけたのがこちら。
近づくと逃げるのですが、何とか接近してみました。
b0017899_6522723.jpg

なんか、鼻の大きい、変わった顔です。
b0017899_6522619.jpg

こちらは首里城公園の売店の裏にいたネコ。
b0017899_6522620.jpg

やはり近づいたら逃げられましたが、
こちらは文句なしにかわいいですね。
[PR]

by sk_gtr | 2011-09-11 06:56 | 沖縄県

ところでイリオモテヤマニャンコは?

はい、肝心のイリオモテヤマニャンコがまだでした。
ご紹介しましょう。
b0017899_7494427.jpg
これや、
b0017899_7495980.jpg
これや、
b0017899_7501038.jpg
これや、
b0017899_7502662.jpg
これや、
b0017899_7504057.jpg
これや、
b0017899_841468.jpg
これや、
b0017899_7505597.jpg
これです(ToT)

と言うわけで、イリオモテヤマニャンコには会えずじまいです。
と言うか、現地に行って知ったのですが、西表島には100匹
程しかいなくて、絶滅が心配されているのです。
山ネコだけあり、なかなか人前には姿を現さないので、
めったに会えることはないようです。
又、夜にもなると、いきなり道路に飛び出し事故に会うこともあり、
よってこのように数多くの注意看板が掲示されているのです。

言うなれば、ノラネコを探すノリで山ネコにあうことを期待していた
私は飛んだお門違いだったわけです。
保護センター(生きているものはいない)もあったのですが、
時間的に合わず入ることはできませんでいた。

でも、イリオモテヤマニャンコ像をバックにこんな朝焼けを撮影できました。
とある橋に飾られていた銅像です。
b0017899_7573443.jpg
精悍そうですよね。
b0017899_7582163.jpg
西表のマングローブをバックに。
b0017899_7591016.jpg
今にも飛び掛ってきそうです。
b0017899_85946.jpg
これは、西表島の郵便局にあったシーサー役?の像。
島の人たちに大切に見守られていることは良く分かりますよね。
会うことはできませんでしたが、島のどこかにいるイリオモテヤマニャンコが
事故にあわず、少しずつでも増えていくことを心から祈りました。

最後に、
b0017899_89470.jpg
西表島限定のドラえもんです(^^;
お土産で買いました。
[PR]

by sk_gtr | 2011-08-27 08:09 | 沖縄県

竹富島その2

その他、竹富島で見かけたネコたちです。
とある民家にて。二匹のネコが休憩中でした。
b0017899_6444082.jpg
日陰で非常に分かりにくいですが、
右下と左上のタンクの上にいます。
b0017899_644519.jpg
右下のネコは呼んでも見向きもしてくれませんでした。
左の方は昼寝中で、呼んでも気が付かなかったようです。
b0017899_646576.jpg
こちらは、コンドイビーチの芝生にいたクロちゃん。
b0017899_6462025.jpg
例によって中国人観光客がごった返していたのですが、
気にしないで、ウロウロしていました。
食べ物くれる人を探していたんだと思います。
人ごみを嫌がらないネコは珍しいですよね。
[PR]

by sk_gtr | 2011-08-15 06:52 | 沖縄県

竹富島ネコ

石垣島から船で10分ほどのところにあるのが竹富島。
独特の異国情緒が漂う島です。
ちょうど訪れた日は中国から豪華客船が石垣島に到着していて、
その観光客の人たちが大挙して竹富島に来ており、
島の中は中国人であふれかえっていました。

で、そんな島を散策していて、昼寝中のニャンコを発見したのです。
b0017899_920490.jpg
塀の右の方にいるのですが、分かるでしょうか。
そーっと近づいてみました。
b0017899_9214420.jpg
私が近づいても全然気にしてません。大物のようです。
b0017899_922348.jpg
おまけに大あくびを一つ。こっちまであくびが出そうですよ。
b0017899_9221657.jpg
中国語が飛び交う喧騒を離れ、静けさに包まれた空間に、
私まで昼寝気分になりました。
青い鈴がかわいいですよね。
[PR]

by sk_gtr | 2011-08-13 09:26 | 沖縄県

日本最西端の与那国島ネコ

3日目に訪れたのが日本最西端の島、与那国島です。
最西端ですから、日本で最後に日の入りが見られるのです。
さすがは最西端の地、日の入り時間もかなり遅く、
7月で夜7時40分頃です。
そんな訳で、7時20分頃、その夕日が見られる西崎に向かったのですが、
途中の道路になんと、ミケがいたのです!
b0017899_8264942.jpg
ご覧の通り、道路の隅のほうでちょこんと寛ぎスタイルを決めています。
道路に座って危ないなと思いますが、実はこの辺、と言うかこの島、
車の通りもとても少なく、まあ轢かれることは無いんだと思います。
レンタバイクで走っていた私は思いもかけず急ブレーキをかけたのですが、
驚く風もなく、座っていました。でも、バイクを降りて近づいたらやはり逃げられました。
b0017899_827038.jpg
やはり痩せ型、顔もとがっていて、尻尾はフサフサ。
まだ子供なのでしょうか。
夕日を見終わって帰る途中、「まだいるかな」と近辺を捜索(^^;したら、
やはりいました。
b0017899_827129.jpg
夜8時を過ぎてさすがに辺りも暗くなっているのですが、一匹だけで行きの時と同じように、今度は道路の端っこに鎮座していました。
b0017899_8272195.jpg
日本最西端のノラです。元々人口の少ないこの地の、周りは人家の全く無いところでどうやって生きているのか、
不思議でならないですが、とてもいとおしく感じました。
今回の台風にも耐えて、しっかり生き延びてほしいです。
[PR]

by sk_gtr | 2011-08-06 08:38 | 沖縄県